事業委員会

会員の皆様

2017年8月5日

ときわぎ会 事業委員会

 

横浜山下公園周辺散策!

残暑厳しき折、皆さまいかがお過ごしでしょうか。ときわぎ会恒例、秋の行事のお知らせです。

今年の事業委員会行事は「横浜山下公園周辺散策」です。

 

山下公園は、関東大震災の復興事業として、横浜市街の崩れた瓦礫を海岸線に埋め立て、昭和5年に臨海公園として開園した、広さ7万㎡の木や花壇などがある美しい公園です。公園には数多くのモニュメントがあり、代表的なものとしては、アメリカ・サンディエゴ市から贈られた「水の守護神」、童謡の「赤い靴はいていた女の子」、「かもめの水兵さんの歌碑」などです。また、公園横には、太平洋の女王と呼ばれた豪華客船、日本郵船氷川丸が係留されています。

周囲には、エキゾチックなしゃれた洋館、歴史と風情が滲む横浜赤レンガ倉庫、鮮やかな極彩色に彩られた廟所と中華街、港町ヨコハマを魅了する海辺の公園など、魅力的なスポットが沢山あります。

秋の一日、素晴らしい風景と美味しい食事を堪能しませんか。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

- 記 -

 

1.日 時:    2017年10月7日(土) 小雨決行

                      10時00分 JR根岸線 桜木町駅集合

2.申 込:    担当の岩上宛に「電話」または「メール」にて8月25日までにご連絡をお願いします。

                      電 話 :  090-2904-3247

                      メール :  momokyu0808y15@ezweb.ne.jp

                                (masami-2917-obama@docomo.ne.jpにもメールをお願いします。)

 

3.散策予定

食事は中華街を予定していますが、その他の散策場所は皆さまからのご意見で決めたいと思います。下記の中から散策してみたい場所を3ヵ所選んでください。希望の多かった場所を数ヵ所散策します。

(それぞれの場所の情報は下記のホームページを参照してください。)

  1. 横浜ランドマークタワー
  2. カップヌードルミュージアム
  3. 横浜赤レンガ倉庫
  4. 象の鼻パークと象の鼻テラス
  5. 横浜港大桟橋国際客船ターミナル
  6. 山下公園、日本郵船氷川丸
  7. 横浜マリンタワー
  8. 横浜人形の家
  9. 港の見える丘公園

※ 上記のほか、おススメの場所がありましたらご連絡ください。

 

4.その他:     http://ptatokiwagi.coresv.com/  【ときわぎ会】

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/  【横浜観光情報】

http://www7b.biglobe.ne.jp/~kunikou/yamayoko4.html  【横浜山下公園】

 

【横浜ランドマークタワー】

地上70階、高さ296mの超高層ビルは横浜のシンボル的存在。地下2階から5階には、ショッピングやレストランが楽しめる「ランドマークプラザ」がある他、「横浜ロイヤルパークホテル」や「ランドマークホール」などが入っている。ランドマークプラザは、全長200m、5層吹抜けの壮大なスケールを誇るショッピングモールで約170もの専門店が軒を並べている。また、69階には360度の大パノラマ展望フロア「スカイガーデン」がある。

 

スカイガーデンは、高さ273m、地上69階に位置する展望フロア。2階ロビーから日本最高速のエレベーターに乗り約40秒(分速 750m)で到着。視界360度、大きなガラスをとおして見る前方80kmの景色は、関東平野一円の雄大なパノラマが広がり、迫力満点。

 

 

【カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)】

カップヌードルミュージアムは、インスタントラーメンにまつわる様々な展示や体験工房などを通じて、発明・発見の大切さやベンチャーマインドについて楽しみながら学べる体験型食育施設。 「チキンラーメン」を手作りできる「チキンラーメン ファクトリー」や自分でデザインしたカップにお好きなスープと具材をトッピングして、世界で一つだけの「カップヌードル」を作ることができる「マイカップ ヌードル ファクトリー」、アジアのナイトマーケットをイメージした空間で、世界中のさまざまな“めん”を味わうことができる「NOODLE BAZAAR」など、楽しみがいっぱい。

 

 

 

 

 

 

【横浜赤レンガ倉庫】

横浜赤レンガ倉庫は、明治/大正の煉瓦造建築が人気の横浜を代表する観光スポット。明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物。1号館のホールと多目的スペースでは、演劇やコンサート、ダンスなどの公演が1年を通じて開催されている。2号館には、ライブ・レストランとビアレストランの他、飲食・物販店が50軒以上。 イベント広場では、「横浜オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」、屋外アイススケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」など、さまざまなイベントが季節ごとに催される。まわりには木々を配した公園が広がり、のんびり安らぐにもおすすめ。また、夜になると赤レンガ倉庫がオレンジ色にライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気になる。横浜ベイブリッジや横浜港大さん橋 国際客船ターミナルといった港の夜景が観られるほか、横浜ランドマークタワーや観覧車「コスモクロック21」など、みなとみらいの夜景も楽しめる。

 

 

 

 

【象の鼻パークと象の鼻テラス】

開港150周年を記念してオープンした開放感抜群の公園。開国博Y150マスコットキャラクター「たねまる」を御影石で復元した記念碑もある。

アートスペースを兼ね備えたレストハウス「象の鼻テラス」ではイベントなどの文化プログラムを定期的に開催。テラス内に併設されたテイクアウト形式の「象の鼻カフェ」では地場野菜を使ったメニューも提供している。

 

 

【ゾウノハナソフトクリーム】

見た目も楽しい、ワッフルチップとチョコチップで耳と目を表現。北海道の自然が育んだ乳脂肪たっぷりの、濃厚な味わいが特徴。

 

【横浜港大桟橋国際客船ターミナル】

世界の人々を迎える横浜港の玄関口で、海外・国内の大型客船が寄港する客船ターミナル「横浜港大桟橋国際客船ターミナル」。3万トンクラスまでの客船は4隻、それ以上のクラスの客船は2隻の同時着岸が可能。

屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間になっている。

目の前に広がるみなとみらいの風景を一日中楽しむことができる。1階には2,000㎡の大きなホールもあり、各種イベントなどが開催されている。

 

屋上広場広場から見たみなとみらいの夜

 

 

 

 

 

 

【山下公園】

昭和5年3月に開園した公園。関東大震災のがれきを埋め立てて作られた。海への眺望、記念碑や歌碑など見どころの多い公園。横浜ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチック。童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子」像や、在日インド人協会から昭和12年に寄贈された「インド水塔」、姉妹都市であるアメリカ・サンディエゴ市寄贈の「水の守護神」など、海外との豊かな交流を感じさせる記念碑が多いことでも有名。

また、山下公園は横浜のバラの名所でもあり、毎年春と秋の時期には、沈床花壇にたくさんのバラが咲き誇る。

 

 

【日本郵船氷川丸】

1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速貨客船。喜劇王チャップリンも乗船したことで有名。第二次大戦中は海軍の病院船として活躍した。2006年に改装を行い、2008年に日本郵船氷川丸としてリニューアルオープン。2016年に重要文化財に指定された。戦前のシアトル航路の外航貨客船として活躍した当時の資料を元に改修された、アールデコ様式の一等食堂や、一等喫煙室、一等特別室などを見学できるほか、「氷川丸」の波乱の歴史をご紹介する展示コーナーも。プロムナードデッキからは、横浜港の風景が楽しめる。

 

【横浜マリンタワー】

横浜開港100周年の記念事業として、1961年(昭和36年)に建設された横浜のシンボル。当時は日本で最も高い灯台として、長く横浜の港を見守ってきた。高さ106m、2層の展望フロア、360度の大パノラマから見える夜景は必見。2009年にリニューアルオープンした館内には、2階まで吹き抜けのホールに山下清画伯の壁画や横浜マリンタワーが灯台だった頃に使用されていた灯具が展示されている。そのほか、レストランやバー、多目的ホールも併設されている。

 

 

マリンタワーから見たみ山下公園

 

 

 

 

 

 

 

 

【横浜人形の家】

横浜人形の家は「横浜発・世界の人形ふれあいクルーズ」をコンセプトに展開する、世代を超えて楽しめるドールミュージアム。地域色豊かな人形から人間国宝の手による人形まで、世界140以上の国と地域、約1万点以上の人形を収蔵している。また、ご家族みんなで楽しめる企画展など様々なイベントを開催している。ミュージアムショップでは、オリジナル雑貨や展示会に合わせた期間限定グッズなどを販売。来館の際には、最高級のエスプレッソ・華麗なラテアートが堪能できる併設のカフェで、目の前に広がる美しい山下公園の景色を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。

 

 

 

 

【港の見える丘公園】

横浜港を見下ろす小高い丘にある公園。

横浜ベイブリッジを望む絶好のビューポイント。横浜でも有数のバラの名所。2016年4月1日より緑化工事が終わり、今までバラ園であったエリアは、「イングリッシュローズガーデン」としてリニューアルオープンした。イングリッシュローズをテーマに一年草と宿根草との混植のガーデンとなり、四季を通していろいろなバラや草花が咲き競う。また、沈床花壇は「香りのローズガーデン」として沈床花壇としての地形を活かしながら四季を通してバラや草花、花木の香りと彩りを楽しめる。バラの見頃は、春と秋の2回。それぞれ5月中旬から6月中旬と10月中旬から11月中旬がバラの最盛期。

【中華街】

世界最大級の規模を誇る横浜中華街には、600件以上の店がひしめく。随所に個性的な門が目につくが、これらは風水思想に基づいて建てられた牌楼。三国志の英雄として有名な実在の武将関羽を祀る「関帝廟」、航海の安全を守る神様・子宝の神様・安産の神様・縁結びの神様・学問の神様といった様々な神様を祀る「媽祖廟」、8階建てエンターテイメント施設「横浜大世界」など、見どころが一杯!!

【水上バス】

横浜駅東口~みなとみらい~赤レンガ倉庫~山下公園を結ぶ海のアクセス。ベイエリアの名所を海から眺めながら横浜の主要観光地までらくらく移動できる港町ヨコハマならではの海上交通船。

 

 

 

 

 

事業委員会行事一覧

平成29年度横浜山下公園周辺散策!
平成28年度中山道宿場町の歴史面影探索会
平成27年度道端の駅 Pure Water
平成26年度江の島へ行きましょう!
平成25年度柴又帝釈天:浜離宮
平成24年度 立川消防館見学・地震の体験、救命措置、消火訓練
平成23年度御岳渓谷の紅葉散策と豆らく食事会
平成22年度東京スカイツリー見学と駒形どぜう
平成21年度生田緑地の散策
平成20年度 「歴史の町塩山・寺めぐり」

▲トップページ